胆管炎

胆管炎とは、胆道の中の胆汁に細菌が感染した状態です。
軽症であれば抗生物質で治療をすることができます。食事を中止し、点滴から栄養を摂り、痛みに対しては鎮痛剤を投与します。

総胆管結石を合併している場合、または保存的治療に反応しない場合は、ばい菌の繁殖した胆汁を排泄させなければなりません。

総胆管結石があると、胆汁の流れが滞り、胆道内の細菌の繁殖を促す結果になりますので、早急に石を除去しなければなりません。
とりあえずは、鬱滞した胆汁を体外に排泄させる必要があります。

初期症状として、腹痛・発熱・寒気・痙攣性の痛みがあり、さらに進行すると黄疸の頻発が起こる場合もあります。

適切な治療が遅れると敗血症になることもあります。 

原因


胆嚢と胆管は、行き来が多いため、炎症がひとつに起こるともう一方に波及することも多く、症状が重篤化する原因にもなります。
胆道内への細菌感染原因は胆石、腫瘍、そしてまれに肝蛭や蠕虫による胆管の閉塞で起こります。

感染は肝臓まで広がります。これは十二指腸から総胆管への上行性感染の形でおこる場合が多くみられます。とくに高齢者では、十二指腸の乳頭部にある括約筋が弛緩しやすいため、細菌が侵入して感染が起こっています。

また、胃の手術などで胆嚢の収縮力が弱まり、胆汁が停滞しやすくなることも原因となっています。また、炎症をおこすと考えられている化学物質には、胆汁の成分である胆汁酸などがあり、胆石が存在しなくておこる胆嚢、胆管炎の原因として考えられています。他に栄養過剰、アルコール、肥満、糖尿病も要因となります。


予防

高蛋白、高ビタミン、高カロリー、低脂肪の食事を規則正しく取る。

激しい運動は、肝臓の血液流量が減少し、悪影響を与える為、なるべく安静が必要となります。
また、禁酒や糖尿病、肥満に気をつけるための食生活が大切です。

台湾凍頂烏龍茶
台湾を代表する烏龍茶。
独特の爽やかな香りが特徴です。
黒霊芝
漢方薬の中でも貴重なハーブ
黒霊芝は苦くない。飲みやすいキノコ!

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/1550