糖尿病

糖尿病とは一言でいうと、食物として取り入れられた栄養素が体の中でうまく利用されないために、血液の中に含まれるブドウ糖の量(血糖値)が異常に多くなっている状態の事です。

具体的には食物の糖質が消化されてできたブドウ糖が腸で吸収されて血液中に入ります。その個々の細胞は運ばれてエネルギー源として使われたり、グリコーゲンという物質に姿を変え肝臓や筋肉に蓄えられたり、脂肪に作り替えられます。
そのブドウ糖を分解してエネルギーに変換するのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンです。
またインスリンは、血液中にブドウ糖が不足すると肝臓に蓄えられた糖質をブドウ糖に変えて供給したり、血液中にブドウ糖が増えると、これを脂肪に変えて細胞内に蓄積したりするという血液中のブドウ糖の量のコントロールもしています。それにより血液中のブドウ糖が一定に保たれています。

しかし何らかの原因により、インスリンの分泌量が減少したり、正常に作用しなくなると、エネルギー源としてブドウ糖が利用できなくなり、血液中に利用できなくなったブドウ糖が溜まった状態になります。この慢性的に血糖値が高い状態になっていることを糖尿病といいます。

糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンがほとんど出なくなることにより起こる1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)とインスリンの量が少なかったり、作用が弱いことから、ブドウ糖がうまく処理されないために起こる2型糖尿病に分類されます。
血糖値が高くなると体の中の大切な臓器や細胞がおかされます。特に細かい血管の集まっている眼や腎臓は障害を受けやすく、糖尿病特有の合併症(網膜症、腎症)が起きてきます。糖尿病になって、透析が必要になったり、眼が見えなくなってしまうのはこの合併症によるものです。また、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化も起きやすくなりますし、足の血管が閉塞して切断しなくてはならなくなったりすることもあります。さらに、神経の障害がおきるなど、体のすべてにわたって重大な疾病をひきおこす病気です。しかも、やっかいなことに糖尿病になっても初めのうちはほとんど症状がありません。知らない間に進行し、合併症が出現して初めて気がつくこともあります。 

原因


糖尿病はすい臓で作られるインスリンの量が不足したり、量はあっても体のほうがインスリンに対して感じにくくなっていてたくさんのインスリンがなければ血糖が下がらない、あるいは上がってしまう状態であるために起こります。

その要因と考えられるものには、遺伝や年をとることにより、インスリンを作るベータ細胞の機能が低下してしまいインスリンの分泌量が減少してしまうことや、すい臓の働きを低下させてしまう暴飲暴食・肥満・ 妊娠・運動不足・ストレス などが挙げられます。
遺伝や加齢、妊娠は逆らえないものですが、生活習慣である食べ過ぎ、運動不足、ストレスなどが引き金になっているのです。

予防

糖尿病は、早期では症状があらわれないため、自覚症状や合併症が起きてしまってから気がつく場合が少なくありません。早期発見のためにも定期的な健診を受けることが重要です。

糖尿病の予防には、インスリンの働きが悪くなったり分泌量が減少するような食習慣や運動習慣などの生活習慣を改善することが基本です。具体的には暴飲暴食や偏食、早食いを続けていると、インスリンの分泌が食物の摂取量に追いつかず、すい臓に大きな負担をかけてしまい、すい臓の働きが悪化し、血液中に処理できないブドウ糖があふれ出し、糖尿病へと進行していきます。

栄養のバランスは、1日30種類程度の食品を使用することを目安にすると比較的整いやすくなります。
油はエネルギ-が多くなる原因になるので控えめにし、できれば植物油を使用しましょう。塩分はなるべく少なくし、薄味とします。アルコールや嗜好飲料は原則として控えましょう。
アルコ-ルや砂糖の摂り過ぎは、肥満の原因になり、栄養のバランスを乱します。食べすぎには注意して3度の食事に食物繊維をまんべんなく取り入れるようにしましょう。

1日2食にしたり、間隔の空き過ぎた食事の摂り方はよくありません。また、夜遅い食事もよくありません。
外食は、高エネルギ-、高脂肪、高糖質の料理も多くバランスが乱れがちです。利用するときはいろいろな食品が使用されている料理を上手に選んで、適量を食べるようにしましょう。
また、日常の生活の中にウオ-キングやジョギング取り入れ、1人で出来る運動を習慣化することによって肥満の予防にもなります。

ベジタブルチップ
こだわりのバキュームフライ製法
野菜そのものの味を実感。
まるもの寒天シリーズ
豊富な食物繊維でヘルシーに!
粉末寒天・粉末寒天スティック・糸寒天

「糖尿病」は、下記カテゴリに分類されています。
| 気になるキーワード |
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/1651