緑内障

眼球内部を満たす眼圧が異常に高くなったため、視神経が冒され、視野が狭くなったり欠けたりする視力障害を起こしたものをいいます。
成人病の1つと考えられ、日本では、失明原因の第2位になっています。

緑内障には、その原因により先天性緑内障、原発性緑内障、続発性緑内障に分けられます。
その他に眼圧が正常であるにもかかわらず、視神経乳頭部が障害される正常眼圧緑内障と呼ばれるものもあります。これは近年増加傾向にある緑内障で眼圧の違いを除けば、病態は原発開放隅角緑内障とほとんど同じで、自覚症状もほとんどありません。

原因


先天性緑内障
先天的に、原因は眼房水が排泄される部分の発育が悪いためで、その結果眼圧が高くなるもので、角膜や強膜が伸びきってしまい、黒目が大きくなったりします。
放置すれば視神経の圧迫により、失明します。この場合、目の構造の発達に異常があるために起こるので手術で修復することが必要です。

原発性緑内障
原因がわからないでおこる緑内障。

続発性緑内障
ぶどう膜炎、角膜炎、白内障の手術のあと、腫瘍、ステロイド剤長期投与、水晶体疾患などを原因として発症します。
誘因として、高齢者やもともと目に疾患がある人、精神的過労や睡眠不足などが挙げられます。原発性緑内障と似たような症状が出ることもあります。 

予防

いちど緑内障により失われた視野は、薬や手術によって回復することができません。緑内障の手術は進行を遅らせるためのものです。
毎日の生活習慣や、食事等に気を使うことで予防したり、進行を遅らせることが大切です。

緑内障の危険因子には肥満、関節炎、カフェイン、タバコなどがあります。緑内障の人に特に不足傾向が見られるビタミンAやB1、眼圧を下げる作用があるビタミンB6・C・E、視力低下を予防するビタミンB12を多く含む食品を摂り、油脂はリノール酸系の脂肪酸を控え、魚などからα―リノレン酸系の脂肪酸を適量とると効果的です。

いきいき玄米パウダー
お米に混ぜて炊くだけ
安心素材で栄養満点!
海苔と本鰹ふりかけ
天然の調味料だけで味付けしました。
焼津産の鰹と有明産の海苔をベストブレンド。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/1668