緑内障

糖尿病や動脈硬化などに基づく変化で内頚動脈が狭くなったために、眼で必要な血流が供給されなくなってしまい視覚に異常が現れるものをいいます。
一過性の場合(一過性黒内障発作)と、慢性的な場合(眼虚血症候群)があります。
その急性の病状としては、栓子による網膜動脈閉塞症や視神経の栄養血管の閉塞があり、慢性的な影響としては、低循環網膜症や網膜の出血、虹彩ルベオーシス、血管新生緑内障を引き起こしたりします。中心性網膜炎、網膜剥離、網膜硝子体出血、視神経炎、糖尿病性網膜症などの疾患も含まれます。

中心性網膜炎
網膜の中心部にある黄斑部が、まるくはれ、黄白色の沈着物を起こす病気です。視力が低下し、中心部が見えにくくなったり、ものが小さく見えたり、変形して見えたりします。長く放置すれば網膜は回復せず、症状はいつまでも残ることになります。

網膜剥離
目の毛細血管がつぶれ、網膜の一番外側の色素上皮層が脈絡膜側に残り、あとは硝子体にはがれてしまう病気です。急に視野が狭くなり、眼圧が下がります。悪化すると失明の危険もあります。

網膜硝子体出血(眼底出血)
眼底の網膜や硝子体に出血が起こる病気で、目の中に何かが飛んでいるように見える程度から始まり、出血が網膜の中心におよんだり、硝子体全体に広がった場合には、視力障害を起します。これは目の病気でも起こりますが、多くは全身の病気で引き起こされます。

原因


原因ははっきりとわかっていませんが、過労や睡眠不足の後に発病する場合が多く見られます。
黒内障は高血圧や糖尿病、腎不全、妊娠中毒症、外傷による出血などの他の病気によって引き起こされることもあります。また、ビタミンやミネラルなどの栄養不足も指摘されています。

予防

毎日の生活習慣や、食事等を心がけることが大切です。
黒内障を誘因するものとしては、ビタミンやミネラルなどの栄養不足、過労、肥満、高血圧、カフェインの多量摂取、喫煙、ストレスなどが指摘されています。
ビタミンAなどのビタミン類を多く含む食品を摂るようにし、適度な運動やストレスをためない工夫を心がける事が大切です。またタバコはやめて、睡眠を十分とり、規則正しい生活を送る事も大切です。また、糖尿病などの黒内障の原因となる病気を防ぐことも大切になってきます。

いきいき玄米パウダー
お米に混ぜて炊くだけ
安心素材で栄養満点!
海苔と本鰹ふりかけ
天然の調味料だけで味付けしました。
焼津産の鰹と有明産の海苔をベストブレンド。

「黒内障」は、下記カテゴリに分類されています。
| 気になるキーワード |
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/1669