動脈硬化

動脈硬化は体のすみずみまで酸素や栄養を行き届かせている動脈が、高脂血症や高血圧、糖尿病、高尿酸血症などの誘因が重なることによって血管が狭くなったり、弾力性が失われて硬くなったり、血液が流れにくなってしまった状態のことです。
血液の量が減少すると臓器や組織の機能は低下し、内部にさまざまな物質が沈着して血管の通り道が狭くなったり(狭窄)、詰ったり(閉塞)、あるいは動脈壁が部分的に拡張(動脈瘤)したり、動脈全体が拡張したり(拡張症)、内膜に亀裂が入り中膜が裂けたり(解離)、破裂(出血)することにつながり、やがて組織や臓器全体に血行障害を起します。この病気を総称して動脈硬化性疾患と言います。動脈が血圧の変化に対応できなくなり破れてしまうこともあります。

これは全身の動脈に起こる可能性があるのですが、その中でも特に問題となるのは、心臓に起こる心筋梗塞、脳に起こる脳梗塞や脳出血であり、生命に関わる危険があります。





原因


動脈硬化の原因についてはまだはっきりとはわかっていませんが、遺伝素因や加齢、高コレステロール血症などの高脂血症、高血圧症、糖尿病、肥満、喫煙などの要因が動脈硬化を促進することは判明しています。それらを抑制することが大切です。
さらに、運動不足や精神的肉体的ストレスなども動脈硬化を悪化させる要因となります。

予防

肥満によって進行を早めやすいので、暴飲暴食は控え、程度な運動をすること。
またウォーキングや軽いジョギングを毎日続ける事や禁煙すること。
原因となるものを抑制するための食生活の改善も大切なことです。

●●−− 種類別の予防 −−●●

【粥状動脈硬化】
動脈壁に血液中の脂肪、コレステロール、その他の物質が染み込んで次第に付着し、粥のような塊ができてきます。この脂肪組織が動脈壁を蝕み、動脈の伸縮を減少させ、動脈の内腔が徐々に狭くなってくる動脈硬化のことです。

心臓から出てすぐの大動脈、心臓の心筋に血液を供給している冠状動脈、脳へ血液を供給している内頸動脈・椎骨脳底動脈・脳動脈、腎臓へ血液を供給している腎動脈、脚へ血液を供給している腸骨動脈・大腿動脈など、太い動脈に起こりやすいものです。この症状の要因として喫煙、糖尿病、肥満、高血中コレステロール、高脂肪食、本人または家族の心疾患歴が挙げられます。また脳血管障害、末梢血管疾患、高血圧、腎臓病なども粥状硬化症に関連する病気です。

【細動脈硬化 】
高血圧による変化で直径100〜200ミクロンという細い動脈に壊死や、動脈瘤が起こる動脈硬化のことです。

脳・腎臓・網膜などの細い動脈が集まる場所に起き易く、長期間に渡って高血圧が続いていたり、食塩の摂取量が多い人におこり易いのです。これが進行し、脳出血や多発性の脳梗塞を誘発します。

【中膜硬化】
太い動脈の中膜にカルシウムが沈着し石灰化を起こす動脈硬化のことです。

高血圧、炎症などが原因で起こります。喫煙、糖尿病、高血圧、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、腎不全、カルシウムやマグネシウムの代謝異常などがあると進行が早まります。


ひじきごはんの素
海藻の王様、ひじきがたっぷり
カルシウム、鉄分、ビタミンも豊富
桑の葉茶
体をきれいにする健康茶です
無農薬栽培・ノンカフェイン。ミネラルたっぷり

  • コメント (1)
  • トラックバック (1)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/48


コメント

はじめまして

トラックバック

肝臓癌治療で入院中の父が脳梗塞に襲われました。発見が早かったので命は助かりましたが・・・..