潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜と粘膜下層にただれや潰瘍を形成する、原因不明の大腸の炎症性疾患です。

症状としては、

粘血便
下痢
腹痛
発熱
下血を伴う下痢

が挙げられます。

【病変】
直腸から連続的に拡がり、最大で結腸全体に拡がることがあります。この病気は病変の拡がりで全大腸炎・左側大腸炎・直腸炎と呼ばれます。

【病期の分類
活動期、緩解期で分類されます。
30歳以下の成人に発症が多くみられ、緩解と再発を繰り返すのも特徴です。
長期にわたり、なおかつ大腸全体を侵す場合には悪性化の可能性があります。慢性的疾患なので再発や病気が悪化することもあります。重症になると命にもかかわる病気です。

原因


原因として考えられているのが

腸内細菌による感染
アレルギー
免疫異常
食生活
心理的要因
遺伝的要因

などで、生活環境の変化が深くかかわっていると考えられています。

予防

過労やストレスなどの生活環境に気を配ることが大切です。
具体的には趣味や軽い運動で気分転換を図ることです。

食事については、高たんぱく・高カロリー・高ビタミンをとれる物が望ましく、かすが出ないような食べ物が望ましいです。
腸を刺激しやすいといわれている乳製品、脂肪、柑橘系の果物ジュースなどは摂取には注意をするべきです。暴飲暴食をさけ、腸への負担を軽くしましょう。ただこれらも個々の患者ごとに個人差があります。

また再発防止の対策として下痢の悪化や排便回数にも気を配り、腹痛や発熱をともなったときは、医師の治療を受けることが大切です。

すいかの種
すいかの種を竹炭でつつんだこだわりのお菓子
リノール酸やたんぱく質が多く、ビタミンB群も含まれています。
薬膳紫黒米
たんぱく質が多くビタミンB1、B2やミネラルが豊富
富山の黒部育成栽培米

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/975