アボカドオイル「ロシオ・デル・ボスケ」

アボカドオイル 110g アボカドオイル 280g      
メキシコ産アボカドフルーツ使用。

アボカドの果肉(種ではない)から採取した「ロシオ・デル・ボスケ」は、
トランス脂肪酸が0.1%しか含まれていません。



ミツコムトレード24株式会社

※価格は本体価格です。(税抜き)

リボンアボカドオイル「ロシオ・デル・ボスケ」 110g(120ml) 101164
価格  1250円   

リボンアボカドオイル「ロシオ・デル・ボスケ」 280g(300ml) 101165
価格  2300円   

 アボカドオイル「ロシオ・デル・ボスケ」は

私たちは毎日のお料理でオイルを使っています。

「ロシオ・デル・ボスケ」は、栄養価の高い果物として知られている、
アボカドフルーツの果実だけを搾った100%天然のフルーツオイルです。

葉っぱのライン  

アボカドオイルはアボカド(鰐梨) の果実から得た脂肪油です。

アボカドオイルは、アボカドの皮と種を取り除いて果肉だけで搾るため、
わずかにアボカドの特異な香りがする淡黄色の油です。
皮と種は取り除かれるので、溶剤の使用や高温に晒し精製する事はありません。

また、アボカドオイルは抗酸化油・難酸化油とも言われていて、
油脂中最もアレルギーのないオイルです。

ビタミンA、B群、Eなど各種ビタミンや、たんぱく質、レシチン、ミネラル、
ペクチンなどの栄養を豊富に含んでいます。

アボカドオイルはオレイン酸を主成分とした、不飽和脂肪酸成分が86%のオイルです。


葉っぱのライン 
 
アボカドオイル「ロシオ・デル・ボスケ」は素材本来の味を引き出し、
悪玉コレステロールを下げるといわれるオレイン酸が主成分の、
美味で美臭な自然そのままの植物オイルです。

オレイン酸を主成分とした不飽和脂肪酸が約90%とバランスがよく、
ビタミンEがオリーブオイルの4倍。
食物繊維はリンゴの4倍も含まれています。

葉っぱのライン


天然由来の商品です。高温、多湿、直射日光の元で保管されますと、変質・劣化することがございますので充分お気を付けください。

10度以下で保存しますと、オイル中に白い濁りが見られますが、
これは主成分のオレイン酸が個体になったものです。
食べても害はありませんし、風味も変わりません。
ですが、気になる場合はぬるま湯で湯せんにかけて頂きますと、
すぐに消えます。


 葉っぱのライン

鳥(緑) アボカドオイルのレシピ鳥(緑) 

アボカドオイル 「ロシオ・デル・ボスケ」を使ったレシピは


 トランス脂肪酸 0.1%

トランス脂肪酸とは、植物油を精製する際に発生する物質で、摂りすぎると動脈硬化の原因になるおそれがあるといわれている脂肪酸です。

 

「アボカドオイル「ロシオ・デル・ボスケ」」は、下記カテゴリに分類されています。
| ~3,000円 | おススメの商品 | コレステロール |
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/1565