まるものまめになる黒豆
 

まるものまめになる黒豆
外は黒くて中は緑色の希少豆。

黒千石は、粒が小さく、中が緑色なのが特長です。

通常の黒豆より多くアントシアニンを含む、
美味しい豆です。

又、普通の黒豆とは比較にならない程、
大豆イソフラボンやポリフェノールを含有しています。



 

まるも株式会社

※価格は本体価格です。(税抜き)

まるものまめになる黒豆 150g 101270
価格  300円        

 まめになる黒豆は
 
鳥 黒豆の王様

黒千石は北海道でも1970年代には生産停止、「幻の黒豆」とされてきました。
それが再び陽の目を見ることになったのは北海道大学の、
西村孝司教授が黒千石について新聞で紹介したのがきっかけ。

保存されていたわずか50粒の種を植え、28粒が発芽したことで、
30年の時を経て甦りました。

黒千石は普通の黒大豆と比べてとても小粒で球形をしており、
中が緑色の珍しい黒豆です。


 
黒豆の王様 黒千石


「まるものまめになる黒豆」は、ご飯に炊いて混ぜたり、
様々なメニューで使用可能です。
黒千石は粒が小さいので、調理も簡単!


 原材料 

黒大豆(北海道産、遺伝子組換えではない)

賞味期限:1年
 

 

 おすすめ!おいしい黒豆ご飯の炊き方  


おいしい黒豆ごはんの炊き方



 
 関連商品  
 
スーパー玄米
グレープシードオイル
クリスマス島の海の塩
ずっしり11種 べっぴんパン

 

 

 

「まるものまめになる黒豆」は、下記カテゴリに分類されています。
| マクロビオティック | ~500円 |
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/2222