広島 備後東城 赤酢


赤酢 200ml 赤酢 500ml



100年変わらぬ蔵元づくり。
三年仕込み本格醸造。

味が濃く 旨味が増す「赤酢」は、江戸前すしの酢として愛用された極上品です。

 



 

ナピア株式会社


※価格は本体価格です。(税抜き)
 
赤酢 200ml 101271
価格  380円        


赤酢 500ml 101272
価格  700円        

 帝釈峡の硬水と厳選酒粕で超長熟発酵
 

赤酢
広島県東城町で明治以来、百数十年伝わる「後藤の酢」。
なかでも、幻の赤酢と呼ばれる「赤酢」のふくよかで、しっかり個性を主張する味は、初代後藤茂四郎が創業して以来百数十年、後藤酢醗酵蔵に住み着いた酢酸菌(茂四郎菌)が創り出した味です。


中国山地の水源は、道後山を源流として日本海側へは江の川水系(中国太郎)が流れ、
もう一方は帝釈川、高梁川を流れて瀬戸内海へ注がれています。


その帝釈川には天然記念物のオオサンショウウオがいますし、
高梁川の鮎は特においしい香漁として有名です。

本商品の原料の酒粕は、この流域の水を使って作られた、
“超群”という美味しいお酒と、皇室ご用達造り酒屋の“大典白菊”の酒粕を使用しています。


170年目を迎える酢蔵元 三年仕込み本格醸造  




味が濃く、 旨味が増す「赤酢」は江戸前すしの酢として愛用された極上品です。

100年変わらぬ蔵元づくり

 

 

 関連商品  
 
クリスマス島の塩使用 梅酢
 梅酢
 

 

 

 

「広島 備後東城 赤酢」は、下記カテゴリに分類されています。
| | | ~1,000円 | おススメの商品 | 気になるキーワード |
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/2230