辛辛つけ麺広島流

辛辛つけ麺広島流

話題の広島のつけ麺は、2001年あたりからテレビなどマスコミにも取り上げられブームが始まりました。
広島つけ麺の特徴は、ゴマを浮かべた真っ赤なタレに一味唐辛子を加えます。
これに、茹でキャベツ、きゅうり、ネギ、チャーシューをトッピングし、何倍といった辛さを指定できるのが主流です。



まるも株式会社

※価格は本体価格です。(税抜き)
※季節商品です(5月~10月販売)

辛辛つけ麺広島流 2食入り 101028

価格  570円     
 

 赤色たれ


本品は、豚骨・鶏がら・昆布・いりこ・各種野菜と赤唐辛子を煮込み、チャーシューだれ、玄米黒酢、ラー油で仕上げた、
辛さと旨みがみごとに調和した”赤色たれ”を使用しています。

さらに麺はじっくりと熟成させながら冷風乾燥させた半生麺で、
中華そばのうまさと香りのするおすすめの逸品です。

 

 原材料

 (めん)   

国産小麦粉、でん粉、卵白、かんすい(モンゴル)、酵素塩、
酒精、クチナシ色素

 (たれ)  

チキンブイヨン、ビーフコンソメ、砂糖、酵素塩、醤油、香辛料、
玄米黒酢、調味料(アミノ酸等)
            
※原材料の一部に大豆・小麦を使用

 
 関連商品
 
     薬膳蕎麦   
特選鰹ふりだし 薬膳蕎麦  モロヘイヤうどん 
 
 

「辛辛つけ麺広島流」は、下記カテゴリに分類されています。
| ~1,000円 |
  • コメント (1)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/4


コメント

【お客様から頂いた感想です】

つけ麺を見た中学生の娘が「こういうのが食べたいと思ってたんだ」と言っていました。乾麺なのにツルツルした喉ごしで、おいしかったです。

(N様)