マグネシウムは、その70%がカルシウムと共に骨や歯に含まれ、残りは筋肉や
神経細胞に含まれています。

神経や心筋、筋肉の機能に不可欠で、糖質やアミノ酸代謝に関係する多数の酵素
の活性化に関係しています。
またカルシウムを補助し、心拍機能を正常に働かせたり、体温を調整したり、カル
シウム
カリウムなどの吸収と代謝を助けます。

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

マグネシウムが不足すると、骨組織から放出され、カルシウムも一緒に放出され
るため、余分なカルシウムが細胞内に進入して筋肉を萎縮させます。その結果

虚血性心疾患
動脈硬化
高血圧
糖尿病
肝硬変
骨粗鬆症
慢性アルコール中毒
頭痛

などの症状があらわれます。

マグネシウムには

心臓病・高血圧を防ぐ
血中コレステロールを減らす
胃酸過多に効く
脳の働きを円滑にする
皮膚を健康に保つ
頭痛を緩和させる

などの効果があります。ですがマグネシウムの過剰摂取は腎機能障害の原因
なります。


<摂取量の目安>

   成人男子:320mg 
   
成人女子:260mg

<多く含まれる食品>


  玄米、ほうれん草、豆類、納豆、ひじき、カキ(牡蠣)、のり、昆布類、
  かぼちゃの種、バジル、パセリ、茶の葉、インスタントコーヒー、バナナなど

かぼちゃ畑
かぼちゃの種を孟宗竹炭でくるんだ
体に優しいお菓子です
粉末納豆
有機栽培丸大豆使用
酸化防止剤等は一切使用しておりません

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/372