ビタミンAは、大きく2種類に分けられます。

初めからビタミンAの形になっているレチノール
                  (動物性食品に含まれる)

体内に入ってから必要な分だけがビタミンAに変わるカロチン
                           (植物性食品に含まれる)

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

♪♪ レチノール ♪♪

レチノール
は小腸でそのまま吸収されます。そのため、過剰に摂り過ぎると
体内に蓄積し、肝機能障害や頭痛などの過剰症を引き起こす心配があるの
で、注意が必要です。

♪♪ カロチン ♪♪

カロチンの中には、α-カロチンβ-カロチンγ-カロチンがあります。
なかでもβ-カロチンカロチンの大半を占めています。
β-カロチンは体内でレチノールに変換され、プロビタミンAと呼ばれるようにな
ります。

レチノールは小腸でそのまま吸収されますが、β-カロチンはそのままだと10%
足らずしか吸収されません。レチノールへの変換は小腸で吸収されたあとに行
われるので、吸収率が低いと利用できるビタミンAの量も少なくなってしまいま
す。β-カロチン油と一緒にとると吸収率がよくなるので、料理の際は脂肪分と
組み合わせて取ると効果的です。

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

ビタミンAは脂溶性のビタミンです。レチノールでとると過剰症の心配がありま
すが、β-カロチンの形でとれば、小腸で吸収された後に必要量のみレチノール
へと変換されるだけなので過剰症の心配はありません。

β-カロチン
自体は脂肪組織や肝臓で蓄えられ、大量に摂取しても過剰症の心配
はありません。手の裏や足の裏がまれに黄色くなるといった程度の報告もありま
すが、これもよほど大量に摂取しつづけない限り問題ないでしょう。

ビタミンA
の働きとして、

皮膚や粘膜を正常に保つ
目の機能を保ち、暗順応、視覚機能低下の予防
β-カロチンが活性酸素を除去する

 があり、またβ-カロチンの働きとして

動脈硬化の予防
シミやソバカスの防止
がん予防

があります。

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

<摂取量の目安>


  男性:2000IU(600μgレチノール当量)
  女性:1800IU(540μgレチノール当量)

<多く含まれる食品>


  にんじん、かぼちゃ、さつまいも、ほうれんそう、まぐろ、レバー、うなぎ、乳製品、卵


金時ショウガ末
風邪、胃弱、胃もたれもすぐ治る!
薬効の宝庫・金時ショウガ
ネオクロン100
安全で高品質の総合栄養食品
ビタミン・ミネラルの宝庫


「ビタミンA」は、下記カテゴリに分類されています。
| 気になるキーワード |
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.hibee.net/tb.cgi/41